グリーンカード獲得までの長い道のり7

続きです。


数日後、お友達の弁護士さんに電話で予約を入れ、
会いに行って来ました。

ウォールストリートにある、大きな弁護士事務所。
受付で暫らく待ち、呼ばれて中に入ると、
中はとても広く、何人も弁護士さんがいました。

ソファに腰掛けて待っていると、
若そうなアメリカ人の弁護士さんが来ました。

どうなっているのか、と聞くと、
「いやー、沢山の人に怒鳴り込まれちゃって、
ぼくも大変なんだよね」

(ま、そりゃそうでしょうね)

「ぼくで良ければ、引き継ぎますよ」

(えーーー、お金取るの?!)

「あなたの場合、移民局に手紙を書いてあげましょう。
あ、これは簡単だからタダでやってあげますよ」

(ラッキー!!!)


と言うことで、手紙を書いてくれることになりました。
やれやれ、よかったよ。


で、気になっていた事を質問しました。

「あのー、今学校に行っているんですが、
私は学校に行っていた方がいいのですか?」


学校のアドバイザーに聞いたら、却下されたときの事を考えて、
学校には行っていた方がいいと言われていたんですよね。
私も不安なので、やばい事は何もしたくないし。


すると、
「行っていた方がいいんじゃない?
でも、行かなくて学校から移民局に通達されたら、
移民局もグリーンカードのアプライに気が付いて、
もっと早くビザがおりるかもね、
ハッハッハッ!」




全くおかしくありません。

弁護士さんが手紙を書いてくれると言うので、
これで大丈夫、と、
またひたすら待つだけの生活に戻りました。


  ←今日のニューヨークは大雨でした。

Mine Apartment Hotel NY  ←大事件もあったようです。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

yukari

Author:yukari
こんにちは。yukariです。
NYに来て7年。
本職はダンサーです。
アパートメントホテルの
管理人をしています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
お小遣いを稼ごう