スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コインランドリー

今日はとても天気がよかったので、洗濯をしました。



知っている方も多いと思いますが、ニューヨークではアパートの中に洗濯機は置けません。これはマンハッタンなら何処でも同じですよね。なので、アパートやコンドでは地下にコインランドリーが設置してあったりします。

でもほとんどが、外のコインランドリーに行かなくてなりません。

今、アメリカは不況なので次々とコインランドリーが潰れていると聞きます。洗濯に行くのに大変なのです。

私がマンハッタンに住んでいた頃、アパートの4階でもちろん洗濯機は無く、エレベーターもありませんでした。週に1度、洗濯物を大きな袋に詰め、階段を降り、3ブロック先のランドリーに行っていました。

初めの頃はめずらしくて楽しかったのですが、一人でいくつも使う人がいて空いてなかったり(色分けしてる)、黒人さんが靴を洗っていたり(だからいつもピカピカなのね)、終わっていても取りに来ていなかったりして待っている時間もかかりました。

しかも、洗濯中にちょっと出かけると、勝手に出されていたりします。(確かに終わっているんだけど、他人に洗濯物をさわられるのって慣れていません)

けっこうお金がかかるのに、コインしか使えないし(25セントオンリー)いつも25セントを貯めていました。



ある日、コインが無くて両替しようとしたのですが故障中。

置いていく訳にも行かないので、洗濯物を持って、他のランドリーに両替をしに行きました。(こっちは遠いのと、ちょっと汚いので避けていました)

両替をし、きれいなランドリーに戻り、洗濯をしているとスパニッシュのおばさんが、

"マネー"

と、手を出しています。




は???


"マネー!”


えーっと、何でしょう?

ボケッと突っ立っていると、

"マネーだよ、お金!英語分かんないの?!”




いえ、分からないのは英語ではなく、なぜ私があなたにお金をあげなければならないかです。

両替機が故障中なのは知っています。なぜなら、私は他のランドリーまで両替に行っていますから!

結局このおばさんは他の人からお金を貰っていました。私がケチナンデスカ??



そういえば、この前バス停で待っていたら、アメリカンなおばさんに "25セント持ってる?” と聞かれ、両替して欲しいのかと思ってあげたら "あら?こまかいのが無いわ。” と言われました。


25セントあげました。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

yukari

Author:yukari
こんにちは。yukariです。
NYに来て7年。
本職はダンサーです。
アパートメントホテルの
管理人をしています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
お小遣いを稼ごう
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。